名誉棄損罪の例外

その「事実」が、たとえ真実であろうとなかろうと成立する。
しかし、名誉棄損罪には、二つの大きな例外が規定されている。

一つ目は、その行為が公共の利益のためであり、
しかも真実であったことの証明がある場合だ。
二つ目は、相手が公務員であり、しかも真実であったことの証明がある場合。
「公務員に関する情報はすべて公共の利益」と考えれば、
二つが同じことを言っているのが分かるだろう。
つまり、公共の利益のためならば、
本来なら名誉棄損に当たるような「真実」を暴露しても罪には問われないのである。

ここで注意しなければならないのは、
有名人だというだけでは「公共の利益のため」とはならないということだ。

2ちゃんに誰かの悪口を書いたら即訴えられる、というわけではないが、
可能性はあるということを心に留めてほしい私は近頃、
酵素ジュース 効果に興味が湧き上がってきている。